前へ
次へ

お正月だけしか通れない神社の門がある?

学生生活を終えると一社会人として保険への加入の機会を持ちます。説明を受ける保険の種類は人によって異なるでしょうが、健康保険の場合も多いと思います。健康保険と厚生年金は社会保険であり加入を義務付けられていますが、条件があるため、必ず働いている人が加入していると限りません。就労先や契約の会社が適用しているか、自分が勤務をする時間とその期間、3つ全て満たすことが加入条件に必要です。義務である分、保険料を負担することになるため、加入をしない方法はないのかと考えるかもしれません。しかし、保険への加入の必要性とは不慮の事故や病気が起きたときの備えなので、今健康で全く怪我を心配しない業務をこなしていても、万一のために加入を続けていきましょう。

top用置換

top用置換2
Page Top